スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSP2000 アナログスティックの修理 ~組み立て編~

今日、PSP2000アナログスティックを交換するために分解しました。   この記事はそれの続きです。
ちなみに前の記事で「折角だからアナログスティック修理でもしようかな」と書きましたが無理でした・・・。

PSPの分解、修理をするとメーカーの保障が受けられなくなります。 自己責任で。
DSC06762.jpg


必要なもの・・・マイナスドライバー
         プラスドライバー
         T2トルクスドライバー



アナログスティックをねじで取り付けます。
DSC06766.jpg

②メイン基盤を取り付けてケーブルやフレキを取り付けていきます。
DSC06767.jpg

③十字キーのフレキを取り付けていきますが、少しコツが要ります。
少し傾けてながらフレキケーブルを入れていくとうまく行きます。
DSC06770.jpg

④うまく入ったら、黒い部分をはめ込みます。
このときは、メモステのカバーを引き伸ばしながら?いれるとうまく入ります。
入ったら下のほうをネジ止めします。
DSC06771.jpg
DSC06774.jpg


⑤Lボタンを付けてネジ止めします。
DSC06772.jpgDSC06773.jpg

⑥液晶などのフレキケーブルを取り付けていきます。
  右から二番目の黒っぽいフレキケーブル
 ↓HOMEボタンなどが付いている水色のフレキケーブル
 ↓液晶の細いフレキケーブル
  液晶の太いフレキケーブル   の順番だと取り付けやすいです。
DSC06777.jpg

⑦液晶とHOMEボタンなどが付いたバーを取り付けます。


⑧フェイスプレートを取り付けていきます。
 STARTボタンなどが外れている場合はセロハンテープで軽く固定しておくと付けやすいです。


このまま、フェイスプレートが隙間の無く付けばネジを締めて終了なのですが、
今回購入したアナログスティックが純正では無かったため、かなりの隙間がありました。


なので、彫刻刀などで邪魔しているところを削って行きます。
BeforeDSC06785.jpg
After  DSC06787.jpg

これで、隙間がほとんど無くなりました。
DSC06788.jpg

⑨最後に、裏側からネジを締めたら終了です。     お疲れ様でした。
DSC06789.jpg



どう見ても角度がおかしい・・・。      純正じゃないからしょうがないか
DSC06791.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/05 13:47 ] PSP2000 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://blue103noblog.blog.fc2.com/tb.php/23-fdb9e965









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。